全て本人主体のレッスンにします。結城美帆子

コンペティションに参加される方の場合は、いつまでにどの程度仕上げておかなければならないとか考えなければならないので、いついつまでに指定のテンポで弾けるように毎回のレッスンで課題を与えておりましたが、自分で目標を持ち目標を達成する為にはどうしたらよいかを考え参加して頂こうと思います。

家で練習をしてもしなくても関係ないと思うようになっております。

お家での練習は、しなくてもしても構いません。

練習は、自由です。

練習を強要するようなことは致しません。

お家で全く練習をしてこなくても少しづつ弾けるようになるレッスンを致します。

私の仕事ピアノの先生の仕事は、ピアノが弾けるようになりたい人に、ピアノが弾けるようにしてあげることです。

家で練習をする人でも、家で全く練習をしない人にも、弾けるようにしてあげるのがピアノの先生の仕事です。

「練習しないから上達しないのよ」とか「練習しないで出来ないって言わないでね」などというのは、指導者の責任を生徒に転換している言葉のように思うのは私だけでしょうか?

生徒が満足できるように弾けるようにしてあげるのが良い指導者なのではないかと思います。

生徒が満足できるピアノと指導者の満足は同じでは無いと思います。

指導者や親の満足を子供に押し付けるのは良く無いと思います。

ピアノを弾くのが楽しいと思えば、指導者や親が「練習しなさい」と言わなくてもピアノを弾くと思います。

私は、親からも先生からも一度も「練習しなさい」と言われたことはございません。

「好きこそ物の上手なれ」です。

ピアノは弾けると楽しくなります。

楽しいと思えば、好きになるでしょう。

もし、ピアノが弾けても楽しいと思えない場合は、ピアノのレッスンをお辞めになることをお勧め致します。

当教室には、自閉症スペクトラムのお子様も数名レッスンにお越しになっておりますが、「楽しかった」と言ってお帰りになります。

健常者の子供たちももっと自由にピアノを楽しんで頂きたいと思います。

上手に弾けなくても良いのです。

正しく弾ければ、上手に弾けなくても良いのです。

「ピアノって楽しい」と思えることが重要です。

10月のお楽しみコンサートでは、親子連弾をします。

ピアノを弾くことを親子で楽しんで頂きたいと心から願っております。