免疫力を上げる食事術。結城美帆子

「医者が教える免疫力を上げる食事術」という著書を読みました。

今、自分で出来る一番の予防は、免疫力を上げることではないでしょうか。

乳酸菌より強力な免疫ビタミン「LPS」で働く細胞を強くする!

免疫細胞は腸に7割!和風出し汁・豆類・発酵食で最強の腸にする。

平熱を36.5度以上にする体を温める食事で闘う力を最大化!

ファイトケミカルが体内の猛毒を倒す!命の野菜スープ

『命の野菜スープの材料と作り方』

キャベツ100g、玉ねぎ100g、かぼちゃ100g、にんじん100g、1リットルの水で煮る。

黒胡椒を入れてスープだけ飲むのもよし、食べるのもよし、カレー粉を入れてもよし、味噌を入れて味噌汁にして飲むのもよし、色々なアレンジができ美味しくいただけます。

腸内環境を整えるには、腸の好物「食物繊維」を毎食摂る。

海藻・きのこ・野菜をバランスよく食べる。

発酵食で植物性乳酸菌を届ける。

植物性乳酸菌を手軽に摂取できる発酵食品……ぬか漬け、味噌汁、酢、甘酒、納豆、わさび漬け

豆を食べて腸内細菌を増やす……黒豆、えんどう豆、大豆、インゲン豆、ひよこ豆

肉・卵・魚・大豆で免疫抗体を作る。

納豆は、腸と免疫力に効く栄養素がたっぷり……納豆菌(NK細胞を活性化・ピロリ菌の増殖を阻害)、ナットウキナーゼ(血栓の溶解作用で脳梗塞や認知症を予防)、ビタミンB2(粘膜の免疫力を向上)、水溶性食物繊維(腸内細菌を増やす)、ビタミンE(強い抗酸化作用で、活性酸素から細胞を守る)

ビタミンCでストレスに対抗、腸の敵・ストレスにはビタミンcが効く……柑橘類、ピーマン、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、トマト、キウイフルーツ、ベリー類、イチゴ、ビタミンCは体に蓄積できず、摂取後2〜3時間で排出されるので、こまめに摂取することが大切。

LPSが豊富な食材……明日葉、れんこん、小松菜、ほうれん草、ししとう、ピーマン、オクラ、りんご、桃、イチジク、なし、岩のり、めかぶ、ひじき、わかめ、椎茸、舞茸、ヒラタケ、なめこ、枝豆、スナックえんどう、さやえんどう、くるみ、