元横綱  輪島大士さんがお亡くなりになりましたね。結城美帆子

咽頭がんと肺がんだったようです。お相撲さんだった人たちは、短命ですね。相当身体を酷使しているのでしょうね。糖尿病や高血圧のお相撲さんや、元お相撲さんて、けっこう多いようですね。私がお世話になっている岡部クリニックには、元スポーツ選手や政治家さん、テレビでご活躍のキャスターさんが患者さんで来ているようで、時々お目にかかります。岡部クリニックは、紹介がある患者さんを診ているので、皆さん紹介されてきているのでしょうね。お亡くなりになられましたが、元日ハムの大澤監督さんや、作詞家の山口洋子さん、元日銀総裁の速水さんも患者さんでした。病気だからと言って仕事を休めるような人たちではないでしょうね。岡部先生が、他のドクターと違うところは、患者のクオリティーを大事に考えて治療をしてくれることです。どんなに体調が悪くても生きている限り休めない仕事もありますからね。岡部クリニックには、マッサージをしてくれる人や体幹トレーニングをしてくれるパーソナルトレーナーがいたり、疲労回復の注射をして頂けたりします。血液をサラサラにする岡部先生が監修しているサプリメントも有ります。保険治療だけでは、元気に仕事をするのは難しいのでしょうね。薬も院内処方で、ジェネリックではなく先発の薬を使っているようです。「ジェネリックは、信用できない」とおっしゃっていたことがありました。ストレスを溜め込むと、身体に悪いです。努力も大切かも知れませんが、心身にダメージを与えるような努力はどうなのでしょうか?私がお世話になった東敦子先生も癌でお亡くなりになりましたが「ストレスだったかな」と、おっしゃっておりました。ご自身の経験からだったのでしょうか?私が病気で入院することになった時、「無理は、いけません。」と、東先生からお手紙を頂きました。努力も必要ですが、無理をしてはいけないのです。「無理」とは、力量を超えてしまうことではないかと思います。自分の力量を見極めることも大切です。