働き方改革。結城美帆子

働き方改革の影響なのでしょうか?私がお世話になっているクリニックの看護師さんや事務員さんたちの入れ替えが多くなっているように思います。

看護師さんは、今や引く手あまたからなのかもしれませんが、介護士さんも同じようですが、職場でちょっとでも嫌なことがあればすぐにやめて他の職場へ移っていくようですね。

特に、看護師や介護士は不足しているようですから、辞めてもすぐに新しい働き口が見つかるようです。

看護師に頼らず医師が採血や注射をすれば良いと思うのですが、今は採血や注射が苦手なお医者様もいるようですから難しいのでしょうね。

私が大学生の時にアルバイトをしていたクリニックの院長先生は、開業したてで看護師さんが色々要求してくるので「自分でやれば良いんだから、患者さんもその方が安心だろう」と言って、看護師を雇うのを止め院長先生自ら採血や注射をしておりました。

看護師は、国家資格なのですから、もっとポリシーをもって資格を活かして欲しいですね。

看護師も介護士も個人情報を扱う仕事の人たちですから、あまり職員の出入りが多いクリニックは良いとは思いませんね。

患者の個人情報は、辞めた職員から漏れますから怖いです。

私がお世話になり始めた頃の岡部クリニックは、看護師さんは二人でしたが常勤でしたが、今はパートさんのようです。

私は、働くって、お金だけじゃないと思っているのですが、パートで働いている人の中には、いくら稼ぐ為に何時間働くって考えて働いている人もいるのでしょうね。

ポリシーみたいなものを持って働いて欲しいですね。

私の教室のレッスン料は、時間でいくらと頂いておりますが、レッスン時間以外に指導方法や教材を考えたりしますので、レッスン時間だけのレッスンで拘束されている時間だけの料金ではないのです。

コンクールに参加する生徒の場合は、選曲をしなければならないですし、発表会を行う時も選曲をしなければなりませんし、レッスンがうまくいかない時はカウンセリングが必要な場合もありますが、親御さんからの相談以外は基本的に相談料は頂いておりませんし、レッスン時間外の報酬は頂いておりませんので、けっこう大変なのです。