個人的なこと

私は、弱者を食い物にしているような仕事はしたくない。

例えば、一般的な開業医は、何らかの病気になる人がいなければ成り立たない。

デイサービスや放課後デイサービスも、介護を受ける人や支援を受けて生活をする人がいなければ成り立たない。

私が発達障害の子供や疑われる子供にもピアノを教えてきたのは、自立して自分の人生を謳歌して欲しいと願うからです。

義務を果たし自分にとって必要な権利を行使して自由に生きて欲しいと願うからです。

発達障害者支援法ができたのは、発達障害者による無差別殺人事件が続いたことがきっかけで作られた法律ではなかったでしょうか。

発達障害支援センターなるものもあるようですし、養育手帳の交付もあるようで、発達障害の人は国から色々な支援を受けていると思います。

私がピアノを教える対象としているお子様は、支援を受けていない人、もしくは支援を受けていても発達する可能性が期待できる年齢の子供です。

なぜなら、私がピアノを教える目的は自立だからです。

発達障害があっても自立して自分の人生を謳歌して欲しいからです。

30年近く発達障害の子供にもピアノを教えてきましたが、発達障害の子供に一般的な教え方をすると上手く弾けるようになりません。

発達障害がある子供には、最小限のポイントだけを教えたら教えない方が上手くいきます。

一般的な子供に教えるように細かく教えると、いつまで経っても主体が弾いていると言う感じにはなりません。

今までは10歳までは脳が発達する可能性があるので、知的障害を伴う自閉スペクトラム症のお子さんもレッスンを引き受けてきましたが、今後は、幼児でも1〜5の数字とひらがなが読めるお子さんを対象にピアノを教えたいと思います。

知的障害を伴う自閉スペクトラム症のお子さんは、相談窓口が有り支援も受けられますが、知的障害を伴わない高機能自閉症やアスペルガー型自閉症のお子さんは、本人がいじめにあったり生き辛さを感じなければ、行政から支援を受けることはないでしょう。

相談窓口すら無い子供たちが、ピアノを学びコンクールに挑戦することで、成功体験を積み重ねる自分に自信をつけ自己肯定感を高め、生きる力を養い自分の翼を広げ大空に飛び立って欲しいと願っております。

ピアノを教えるのに健常者も障害者も関係ないですが、ピアノは障害があっても弾けますが、コンクールで結果を出す演奏は全ての人ができるわけではありません。

私は、一般のお子様でも発達障害があるお子様でも、上手に弾けるようにしたいのです。

コンクールで大勢の人に「上手に弾けました」と認めてもらえる演奏ができるように教えたいのです。

コンクールに挑戦しなければ、自己満足で終わってしまいます。

私は、一般のお子様でも、発達障害があるお子様でも、認められる経験をたくさん積ませてあげたいのです。

他者から認められる経験を積み重ねることで自分に自信がつき自己肯定感が高まるのです。

自己肯定感は、生きていく上でとっても重要と言われているのです。

目標に向かって継続した努力ができるようになって欲しいと願っております。

そして、夢を持ち、ピアノで夢を叶えられる力を養い、夢を叶えられる人間に育って欲しいと心から願っております。