信頼関係。結城美帆子

信頼関係は、後からついてくるもの・後からできるものではないかと思います。

信頼関係は、お互いに築き上げるものではないかと思います。

松戸市の公立の小学校で起きた事件は、親は学校を担任の先生を信用していなかったから、子供にこっそりICレコーダーを持たせ録音させたのでしょうね。

つくば市でピアノを教え始めて20年になりますが、色々な親御さんと出会い困惑した経験も有り、色々な経験からレッスンは親御さんやお爺さんお婆さんなど保護者の方に同席して頂くことにしたのです。

世の中には、色々な人がおりますからね。

自分で常識と思っていたことが、常識と思っていない人もおりますので、他者とのお付き合いは難しいです。

人との付き合い方まで気にしながらピアノを教えると、ピアノを教えることに集中できませんし、生徒を伸ばすことが妨げられるので、今は教えることだけを考えてレッスンをしております。

今は、ホームページで指導方針やピアノの指導についての考え方などの情報を発信できますし、ピアノの先生を探している方はホームページから情報を得ることができますから、以前のようにゴタゴタ説明をする必要がなくなりましたので、教えやすくなりました。

そのためか、最近は無料の体験レッスンを行っていない個人のピアノ教室が増えてきたように思いますが、個人レッスンはお互いの相性も大切かなと思いますので、当教室では、体験レッスンを行っております。

当教室では、ピアノが上手く弾けるようになりたいと思う方、ピアノが上手な人に育てたいと思っている親御さんのお子様を募集しております。

当教室でレッスンをお受け頂くと、ピアノが上手弾けるようになることは当たり前ですが、付加価値として、柔軟な心と強い精神力・自制心や忍耐力・やり抜く力が育まれ、他者の心の痛みに想いを馳せることができ思いやりがある優しい人に育ちます。

他者の心の痛みに想いを馳せることは、どんな職種に就いても重要なスキルではないかと思います。