信頼できるかかりつけ医がいると安心して仕事ができます。結城美帆子

今日は定期通院の日でした。内科医の岡部先生には、「動脈硬化も心配ないです。血圧も血糖値も大丈夫です。」と言われました。眼科医のあまき先生にも、「綺麗な血管だし、白内障も大丈夫です。良いものを食べているのでしょうね。」と言われました。骨密度は、通常を100とすると私は108だそうで、何の問題もありませんと言われました。自分の身体に不安があると、100%の仕事ができませんが、何でも気軽に相談できるかかりつけ医がいると安心して仕事ができます。食事は、すごく気をつけております。時々、管理栄養士さんにチェックをしていただいてアドバイスをいただいております。岡部先生が、テレビ出演で言ったことは、即実行します。できる限り保険から医療費を使わないようにするためには、脳梗塞や心筋梗塞など血管の病気にならないようにすることです。そして、介護保険のお世話にならないようにするためには、認知症にならないようにすることです。そのためには、血圧と血糖値を上げないようにすることです。そして、血管を丈夫に保つことです。普段は、ご飯は1日100gしか食べません。毎日お魚と、納豆玉子キムチを混ぜてご飯にかけて食べます。マイタケと赤パプリカと黄パプリカとアスパラガスと鳥の胸肉をオリーブオイルでソテーして黒酢で味付けをして頂きます。プチトマトは、朝昼晩5個ずつ食べます。朝食は、減塩みそ汁の一人分の味噌を使って(塩分は1.2g)小さい玉ねぎ二分の一とワカメを具にして味噌汁を作り頂きます。朝食と昼食の間に、クルミ30gとブルーチーズ30gを頂きます。ブルーチーズは、羊の乳からつくったロックフォールです。ロックフォールのブルーチーズは、血管に良いと言われました。体のためを考えたら食べなければならないものが結構多いのです。葉物野菜も摂らなければなりませんし。今は夏で毎日暑いですけど、冷たい飲み物は飲みません。夏でも、ホットです。天ぷらとか唐揚げは、めったに食べません。そうめんとかパスタも糖質が多いので食べません。ご飯も白米ではなくなった玄米を食べます。今の食事にしてから、結構長くなりましたが、体調が良くなりましたが、長年の頭痛もなくなりました。身体は食べたもので作られると言いますが、本当だと思います。