出来る事、出来ない事。結城美帆子

楽譜の読み方や、ピアノの弾き方を教える事は出来ます。

障害がある方でも、知的障害がある方でも、楽譜の読み方やピアノの弾き方を教える事が出来ますし、知的障害の方でもこれまで教えてきた生徒さんはバイエル終了程度までは弾けるようになりました。

速いテンポで弾けるようになる為の練習方法を教える事もできますが、速く弾けるようになるかどうかは本人の資質や練習量も関係しますので、どの生徒さんも速いテンポで弾けるようにする事は出来る人もいれば出来ない人もおります。

レベルアップしたいけれど、練習はできないとおっしゃる生徒さんがおりましたが、残念ながら無理です。

上手に弾けるようになりたいけど、勉強が大変なので練習はできないという場合も、残念ながら願いを叶えてあげる事は出来ません。

有名な曲が弾けるようになりたいけど塾の宿題がたくさん出るのでピアノの練習はできないという方の場合も、残念ながら願いを叶えてあげる事は出来ません。

ピアノがそれ相応に弾けるようになる為には、それ相応の練習が必要です。

毎日の継続した練習をする為には、達成可能な目標を持つ事が大切です。

毎日の練習を継続する為には、健康管理と精神力も必要です。

逆に申し上げれば、ピアノがそれ相応に弾けるようになった人は、健康管理と精神力が身についたという事になると思います。

長い音楽経験で、私がレッスンを休んだのは、中学2年生の時に、反抗心から無断でレッスンを休んだ2回だけです。