体験レッスンについて。結城美帆子

体験レッスンのお申し込みをたくさん頂いており、ありがたい事なのでしょうが、多少困惑もしております。理由は、ピアノをお持ちでないと言う方からのお申し込みが多数あるのです。ピアノは、ピアノ教室にレッスンに通うだけでは上手に弾けるようになりません。ピアノは、毎日お家で練習をしないと上手に弾けるようにならないのです。本人がピアノに興味を持ち、「ピアノを弾いてみたい」と思わなければ、レッスンは無理です。小さいお子様の場合でも、本人がピアノに興味を持ち「ピアノを弾いてみたい」と思わなければ、レッスンは無理です。「ピアノ教室に連れて行って、本人がやりたい、と言ったらやらせようと思ってます。」と言う親御さんがおりますが、本人がやりたいのかやりたくないのかわからない場合、レッスンのやりようが無いのです。コンクールやコンペティションなどに参加することにより、やる気を引き出すことはできますが、初めてお会いする子供に1回のレッスンでピアノに興味を持たせピアノを好きにさせることなど私にはできません。お子様は、育つ環境でピアノに興味を持ちピアノを弾いてみたいと思うようになるのです。例えば、家で誰かがピアノを弾いているのを聴いて興味を持つ場合や、幼稚園の先生がピアノを弾いているのを見てピアノに興味を持ち自分もピアノを弾いてみたいと思うようになったりするようです。初めて行くピアノ教室で先生のピアノを聴いてもピアノを化け物のように感じてしまう子供もおります。ピアノに興味がありピアノが弾けるようになりたいと思っている子供は、レッスン室に入って来てすぐに何も言わなくてもピアノの椅子に座ります。興味が無く、親の意向で連れて来られた子供は、ピアノの椅子に座るどころか、ピアノに近ずこうともしません。「三つ子の魂百まで」と言うことわざもあるように、最初のピアノとの出会いがピアノを避けるような状態だと生涯ピアノを友とする事が難しくなってしまいますので、親の責任として、よくよくお子様の将来の幸せをお考えになり行動されることを願います。くれぐれも、お子様がピアノ嫌いになりませんように。何事も、最初が肝心です。最初の出会いが大切です。ピアノは、導入期の指導が一番難しいのです。導入期上手くいけば、できないからと言って途中でやめてしまうことなく、生涯ピアノを弾いて楽しむことができます。最初が肝心なのです。