体調管理

どんなに能力があっても、どんなに努力をしても、健康でなければ実力を発揮することはできません。

努力も才能のうちと言われますが、体調管理も才能のうちです。

体調不良は、言い訳になりません。

以上は、恩師亡き東敦子先生の教えです。

病気になった時にお医者のところへ行くのではなく、健康で生きるために体調管理の為に、お医者を利用しましょう。

都内のクリニックには、健診をメインにしているクリニックも増えてきております。

医療保険制度も変わりつつあります。

食事にしても運動にしても、一人一人違うので、医師や管理栄養士さんにご相談申し上げ、ご指導をいただいたほうがベストです。

ネットの情報で自己流で行わないほうが絶対いいです。

と、私が20年近くお世話になっている岡部正先生が申しております。

つくば市で開業している知り合いの医師は「つくば市では東京でやっているような自由診療は成り立たない」と言います。

もっと自分の健康に投資をすることも必要ではないかと思うのですが、、、、、

自分の健康は、自分で守りましょう。

極力、健康保険証は使わなくてもよい、生活習慣を身につけましょう。

できれば、介護保険を使わないで死にたいと思っております。

私は、健康保険証を使う時、恥ずかしさと申し訳なさを感じます。

なぜなら、保険は互助会だからです。

みんなが出しているお金を使わせていただくわけですからね。

互助会は、助け合いです。

私のピアノ教室の指導目的は、自立型人間を育てることです。

なるべく、互助会に助けていただかなくても大丈夫な生活習慣を身につけましょう。

いずれ、支援を受けなければ助けを受けなければ生きるのが難しくなる時がくると思いますが、エゴかもしれませんが、支援を受けるよりも支援をする人間でありたいと思いますし、助けを受ける人間よりも助けることができる人間でありたいと思います。

私は、原則、対処療法にしかならない薬は服用しません。

どんな薬であっても、副作用はあるのです。

しょっちゅう薬を服用していると、いざという時に効かなくなってしまいます。

薬のお世話にならなくても良い生活習慣を身につけましょう。

毎日の食事は大切です。

お子様の食事も気をつけてあげてください。

天ぷらや揚げ物は体を酸化させますので、値段は高くなりますがオリーブオイルが良いです。

レンジで温めなおしも酸化させるのでダメと言われました。

脳の為にも、良い油を摂りましょう。

私は、認知症の予防と健康の為に、北里研究所付属病院の山田先生監修のミックスナッツを、おやつで毎日30グラム食べてます。