他県から体験レッスンにお越しいただきました。結城美帆子

ホームページを公開してから他県からの問い合わせが多くなりました。親御さんのお子様に対する深い愛情を感じます。ゆっくり話を聞いてくれるところが無いのでしょうね。私も無制限な時間をお取りしているわけではありませんが、必要に応じて最長2時間位まではお話を聞く時間を確保している場合もございます。一度で解決できそうに無いと判断した場合は、継続的な精神分析療法をお勧めしております。障がいがある人達に、世間は冷たいです。健常者は障がいが者を上から目線で見てます。人間の弱さのでしょうね。車椅子でピアノと声楽のレッスンにお越しになられている大人の生徒さんがおりまして、この生徒さんを見て小学一年生の子が「大人なのに」と、すれ違う時に言ったのです。しつけができてないですね。ただ、「大人なのに」と言った小学一年生の子も自閉症スペクトラムで特別支援クラスに通っているお子様なのです。私は、ピアノを音楽を楽しむことは健常者も障がいがある方も関係なく楽しめると思っております。健常者のも障害者にも優しい社会になってほしいですね。お互い尊敬しあい助け合い暮らして行ける世の中になってほしいですね。他人の痛みに思いを馳せることができる人をたくさん育てたいです。私は子供の時から、ピアノを弾いていても、歌を歌っていても、なんかわからないけれど、曲の中に作品の中に入れこんでしまうので、起きているけど寝ているような感じなのかわからないのですが、それでインターフォーンが聞こえない時があるので、生徒さん来る時間には自分の練習はなるべくしないようにしております。