今日は体調不良で4人の生徒さんがお休みです。結城美帆子

インフルエンザが流行っているようです。昨日お休みした生徒さんは、溶連菌とのことでした。母の介護をしている時、いちばん心配だったのは、私がインフルエンザや何かの感染症に感染した時どうしようかといつもヒヤヒヤしておりました。自分自身は、40度近い発熱でも休むことはないのですが、母に感染させたらどうしようと思っておりました。演奏会をやっていた頃は、生きている限り穴を開けるわけには参りませんので、40度近い発熱でたとえインフルエンザかなと思っても病院へ行かないで、演奏会に出ておりました。医師の診断を受けてしまうと公衆衛生の観点から、ドクターストップがかかる場合があるので、やばいと思う時は病院へ行けないのです。演奏の仕事は命がけなのです。演奏の仕事は、だいたい先生の関係者からの依頼が多いですから、舞台に穴を開けたら、先生にご迷惑をおかけすることになるので、絶対に休めないのです。病気の時は、病院へ行けないので、病気にならないように健全な生活をするようにしているのです。ですから、夏の暑い時でもアイスコーヒーは飲みませんし、行きつけのお店でしか食事もしません。氷も使いません。油は、オリーブオイルとアマニ油しか使いませんので、母が元気な時は天ぷらも作りましたがオリーブオイルで天ぷらを作るので、高い天ぷらになりました。お腹の調子が悪くなりそうな時は、うどんかお粥をいただきます。血圧が上がり気味になってきた時は、朝食をご飯ではなく、塩分を控えるために、ヨーグルトと豆乳と小松菜ときな粉とシナモンと大根とハチミツを少々加えてドリンクにして飲みます。1日の塩分は7グラム以下が良いと言われましたので、一食を塩分を使わなければ可能になります。頭痛がしそうな時は、こまめに水分を補給します。すべて医師と管理栄養士さんからのアドバイスです。薬は極力使いません。どんな薬でも副作用がありますからね。頭痛持ちと言う方は、こまめに水分を補給すると改善するかも知れませんよ。岡部先生からはカロリーオフのポカリかOS1を勧められました。管理栄養士さんからは、麦茶かルイボスティーを勧められました。1日2リットルと言われております。脳梗塞の予防に、夜寝る前と夜中起きた時と朝起きた時は必ず飲むようにしております。