今必要なのは地頭力ではないでしょうか。結城美帆子

感染防止対策と経済活動を同時に進行させるには、地頭力が必要なのではないでしょうか。

アクセルとブレーキを同時に踏み込んだらどうなるでしょうか?

私は、新型コロナウイルス感染防止対策と経済活動は、けしてアクセルとブレーキではないと思います。

みんなが地頭を使って生活ができれば、新型コロナウイルス感染防止も経済活動も可能なのではないでしょうか?

なぜなら、新型コロナウイルスの治療を最前線で行っている医療従事者は感染防止対策を行いながら経済も回しているのではないでしょうか。

2月3月の頃と違って今は色々なことがわかってきていると思うので、感染防止対策もしやすくなっているのではないでしょうか?

ピアノのレッスンでも、飛沫感染防止の為にできればパーテーションをしたいのですが、私のレッスンスタイルだと難しいので、フェイスシールドを使って、レッスンで着た洋服は毎日除菌消毒して洗濯をしておりますので、新型コロナウイルス感染症が流行りだしてからは、レッスンで着る物は全て除菌消毒できる素材のもので洗濯機で洗濯できるものに変えました。

生徒さんが安心してレッスンが受けられるように、そして私自身が感染しないように、専門家の意見も聞きながら考えて考えてできる限りの対策をしてレッスンをしております。

生徒さんと親御さんの玄関でのアルコール消毒の様子を見ておりますと、正しく消毒ができていないと思える方もおります。

下まで押して、指先まで、しっかり消毒してください。

親御さんにお願いです。

会話する時は、2メートル以上離れていたしましょう。

発熱や咳など風邪の症状や体調が悪い時は、お互いの幸せの為に、レッスンはお休みしてください。

来年度からは、ピティナピアノコンペティションやブルグミュラーコンクールなどコンクールに挑戦される生徒さんは、追加レッスンに振り替えが可能にする予定です。

現在も、コンクール当日は、生徒さんの状況により無料でレッスンをしております。