今までのところみんな元気です

今までのところみんな元気です

つくば市の新型コロナウイルスの感染者が200人越えです。

高齢者と10歳未満の感染者が多いようです。

私の関係者は高齢者が多いので、メールの返信がないと「感染しちゃったのかな?生きているかな?」とか考えちゃいます。

10歳未満の日々の感染者数を見ていると、行政の人間はどこでどのような人がどのように感染して、どんな症状で、どのように回復しているかわかっていると思うのですが、一般の国民はわからないから、感染しないように感染を恐れているしかないです。

本当のところはどうなのかな?

私が子供の頃は、麻疹は感染するのが当たり前でしたし、水ぼうそうやおたふく風邪・風疹なども感染して免疫をつけた。

毎日の10歳未満の感染者数を見ていると、新型コロナも集団免疫になるのかな?とか思ったりもしちゃいます。

麻疹や水ぼうそう・おたふく風邪・風疹などは、何度も感染するわけではないのでまあいいかと思うけど、新型コロナは一度感染すれば感染しないと言うものではないようなので、できれば感染したくないです。

昔々、クリニックでお仕事をしていた時のことですが、突発性発疹や熱性痙攣で受診する幼児は結構おりまして、熱性痙攣を起こしている幼児にはジアゼパムを大人に注射する半分の量を筋注しました。

昔は予約なんてありませんでしたし、慌てふためいて駆け込んでくる親御さんが結構おりました。

今は、発熱すると簡単に受診できなくなっちゃったから、子育て中の親御さんは不安かもしれませんね。

病気って、予約で病気になるわけではないので、医療においては予約制ってどうなのかな?とか思います。

でも、予約制をとっていない病院もあります。

この病院は、救急じゃなくても、当日に検査を受けられて、当日に検査の結果も聞けますが、待ち時間は長いです。

都内で開業している私の知り合いの医師は、在宅専門の医師ではありませんが、診療時間外でも、クリニックの電話を自分の携帯電話に転送して、患者さんの急変に対応しています。

通われている幼稚園や保育園・学校で感染者が発生しているか、クラスターが発生しているかの情報は得られないようですが、不安な方はオンラインレッスンも可能ですのでお申し出ください。

昨日は、オンラインレッスンをしましたが、FaceTimeをつなぐと、笑顔の〇〇さんのお顔がアップで見えました。

〇〇さんは「はじめと終わりの挨拶は笑顔で、レッスンは真剣に」と申しました。

なんて素晴らしい生徒さんなのでしょう!

嬉しくて涙がこぼれてしまいました。

年長の時からレッスンにお越しになられ、最初の頃は色々大変な時もありましたが、今は打てば響くお子さんに育っており、今年はピティナピアノコンペティションとブルグミュラーコンクールとバッハコンクールに挑戦すると言って頑張っています。

自分で目標を設定できるようになり、目標に向かって練習ができるようになっているようで、コンペティションの課題曲が発表になってからの練習は半端じゃないようです。

生徒さんの成長は、指導者に幸福感を与えてくれます。

有難いですね。