今こそ、日本の医療制度をみんなで守る時ではないでしょうか?結城美帆子

日本の医療と国民皆保険制度は、世界に類を見ない優れたものです。

イタリアで新型コロナウイルスによる死者が多くなっておりますが、日本と医療制度が違うからではないでしょうか?

40年くらい前のイタリアでは、ビタミン剤くらいは自分で注射することができました。

日本のように気軽に病院やクリニックを受診することはありませんでした。

現在はわかりませんが。

日本は、あまりにも気軽に病院やクリニックを受診し過ぎているようにも思います。

普段から健康に関心を持ち健診を受け、自分の状態を自分で把握して、専門家の指導のもと健康に注意して、なるべく健康保険を使わないようにことが大切なのではないでしょうか。

病気になる前に健診を受け何でも相談できる医療コンサルタント的な医療施設が多くなると良いのではないでしょうか?

定期的に健診を受けていれば、早期発見・早期治療が可能になり、医療費が抑えられると思います。

現在は、あちこちに検査をメインにした検査センターも増えてきております。

一般的な人間ドックではなく、自分にあったオーダーメイドの人間ドックを受けると良いと思います。

血液検査の結果やCT・MRIなどの画像を自分で保管するようにすれば、検査の重複も防げるのではないでしょうか?

自分で保管していれば、医師に情報提供を書いていただかなくても済む場合もあると思いますし、情報提供料が不要になりますから医療費の削減にもなります。

日本の皆保険制度をみんなで守りましょう。

海外に行くと日本の良さがわかります。

お医者様たちも、留学されることをお勧め致します。

お医者様が留学される時は、ドイツに留学する時はドイツの医師免許を取得しなければなりませんし、アメリカであればアメリカの医師免許を取得しなければなりませんので、大変かと思いますが、井の中の蛙にならない為にも、ぜひ留学をお勧め致します。

私はお世話になっている岡部先生も掛谷先生もあまき先生も海外で勉強されております。

精神分析でお世話になった向井先生は、フランスに25年滞在してラカンの精神分析を研究してきた方です。

最近は、留学する人が少なくなっていると言われますが、音楽も本場に行かなければ学べないこともあります。