人体実験

新型コロナウイルスのワクチンは、人体実験をしているようなもののように思える。

私の知り合いのお医者様は、皆さんワクチンは打たないとおっしゃいます。

立場上、患者さんに「打たないほうがいい」とは言えないけど、まだ一年も経っていないワクチンで、わからないことが多いし、これから色々なことが出てくるし、人体実験をしているようなものだから自分は打たない、とおっしゃっるお医者様もおります。

医療従事者の中にも、ワクチンを打って亡くなった人もおります。

ワクチンを2度接種した知り合いの看護師さんの話ですと、接種する前にアレルギーを抑える薬を使ったけど、発熱したし、いまだに接種をした左腕は上がりにくいし、痛みもあるとおっしゃてました。

ワクチンを接種した後、接種した左側だけがしびれたとか、左側の視力が落ちたっておっしゃる看護師さんもおります。

副反応は、発熱だけではないようです。

新型コロナに感染するのも大変で死ぬリスクもありますが、ワクチンの副反応で死ぬリスクもゼロではないようです。

新型コロナに感染したら治療費は公費のようですが、副反応が出て治療を受ける時は自分で支払うようです。

副反応と認定されるまでは、自分で支払うのでしょうね。

国は、隠しますからね。

血液製剤の時だって、ずいぶん時間がかかったじゃないですか。

今後は、子供の感染者が増えてくるとのことです。

無症状の感染者が多くなるとも言ってました。

換気をすることと、飛沫を浴びないようにすることが重要と言われました。

山中伸弥先生のホームページを読むと、サージカルマスクにフェイスシールドをすると、感染防止になるようですから、レッスンの時もお勧め致します。

マスクは、サージカルマスクをしてください。

レッスン室に、二酸化炭素測定器を置きました。