主体的にレッスンを受けましょう。結城美帆子

小さいお子様や初めてレッスンを受ける方は、ピアノのレッスンというものがどのようなものなのかわからないと思いますので、ピアノが弾けるようになりたいという本人の気持ちを大切に、ピアノがもっと楽しくなるようにある程度指導者の私が主導的に導きますが、初級一修了後は、本人主体のレッスンに切り替えていきます。

本人主体のレッスンとは、どんな風に弾けるようになりたいとか、本人が弾けるようになりたいと願う曲をレッスンしますので、レッスンを受ける目的を持って、目標を持って、計画を立て、レッスンを受けるようにしましょう。

昨日レッスンにお越しになった高校生の生徒さんが、前回のレッスンよりも弾けなくなっていたのでレッスンの終わりに「一回目に弾いた時、前回より弾けていなかったけど、体調が悪いの?」と聞きましたら、「眠かったので」とおっしゃいました。

私の頭はの中は?????になりました。