中学2年生の男の子のレッスンがありました。結城美帆子

この子はエンジンがかかるのが遅いのですが、ひとたびエンジンがかかると、どうやって練習をしているのか不思議なのですが、一週間で6ページすべてを暗譜してくるのです。なので、この生徒の場合は、一年に一回の発表会だけだと、12ヶ月の内エンジンがかかるのは3ヶ月位なので、ピティナピアノコンペティションやステップや学校の合唱の伴奏をすることを勧めております。いつもエンジンがかかっていてアクセルを踏み続けているとエンストもするでしょうしエンジンが壊れてしまうかもしれないので、ニュートラルも必要だと思います。私がピアノを教えている目的は、生涯に渡りピアノを楽しんでいただくことなので、途中で息切れをしてピアノを弾かなくなってしまうより良いと思います。私の教室には、70歳を過ぎてレッスンにお越しにいただいている方もおり、皆さんとてもお元気でいらっしゃいます。