中学2年生の生徒がピティナピアノ検定E級に合格。結城美帆子

ピティナピアノコンペティションE級(高校1年生以下)に中学2年生の生徒が参加して、検定に合格しました。本来は中学2年生以下のD級に参加してもよかったのですが、課題曲が弾けていたのでE級に参加しました。私の生徒たちは、ピアノオンリーではなく、部活もやり、他の習い事もやっての参加ですので、毎日5時間も6時間もピアノの練習をしている生徒はおりませんが、みんなそれぞれに考えて時間を確保して頑張っております。私は、それで良いと思っております。コンペティションで全国大会に出場できなくても良いから、私が教えている生徒全員が、ピティナピアノ検定F級(高校3年生以下)に合格してほしいと思います。F級に合格できれば、趣味でも、生涯に渡り、それ相応にピアノを楽しんでいくことができます。ピアニストを目指す方は、特級まで全国大会出場を目指して頑張って頂きたいと思いますが、どんなに頑張っても食べていけるピアニストになれるとは限らず、人脈や運も関係してきます。私が、音楽高校を受験した頃は、「食べていける音楽家になるには、親子三代目にならないと無理」などと言われており、音楽高校受験を祖父母からは反対されておりましたが、母がやらせてくれました。