レッスン時間について。結城美帆子

つくば市の多くのピアノ教室は、1回のレッスン時間が30分のようなので、当教室も初心者は1回30分レッスンで行っておりますが、30分だと、時間が足りなくてソルフェージュの指導がおろそかになってしまいます。

初歩から60分レッスンをしている方は、ソルフェージュも譜読みも時間をかけて指導ができるので、レベルアップが早いです。

正直、60分レッスンでも時間が足りい時もあります。

ハノンの指導だけでも60分かかる時もあります。

私が指導法の手本としている渡部由記子先生のレッスンは、幼稚園生でも2時間レッスンなのです。

私は指導法を渡部由記子先生と秋山千賀子先生に学んでおりますが、お二人の先生とも「わかるまで教えなきゃダメよ」と申します。

わかるまで繰り返し繰り返し教えなきゃダメと言うことです。

私もお二人の先生と同じ考えなので、わかるまで教えております。

音符は、反射的に読めるようになるまで譜読みの練習をしないとダメです。

子供は、覚えるのは早いはずですから、ダラダラ覚えようとするよりも、1週間で何枚覚えるとか言うようにすると良いと思います。

一度覚えて仕舞えば、自転車乗りと一緒で生涯忘れることはありません。

何事も目標を立て、目標を達成する為にはどうしたらよいか戦略を立て、一つ一つ目標を達成していくと良いと思います。

小さな達成が、大きな達成になっていくのです。

やる気を維持向上させる為には、小さな達成感の積み重ねが大切なのです。

レッスンで、まず楽譜に書いてあることを覚えるために全て言わせます。次に片手づつ譜読みをして、片手づつ音価を言いながら弾いて、次に両手で合わせる指導をしております。

1回のレッスンで、両手で弾けるようにして、宿題にしたいのですが、時間がなくて片手の宿題になってしまうこともあります。

片手の練習って楽しくないですから、モチベーションが下がるので、本当は両手で弾けるようにして宿題にするのがモチベーションも上がり理想なのです。