レッスン中にあくびが出てしまったり眠くなってしまうお子様について。結城美帆子

レッスン中にピアノを弾きながら居眠りをしてしまうお子様や、中にはピアノを弾いているときにおもらしをしてしまったお子様もつくばに教室を開室してからこれまで3名おり、小学2年生の健常のお子様もピアノを弾いていて居眠りをしたのでしょう多量に失禁したお子様もおりました。ピアノを弾きながら居眠りができるってリラックスができていると言うことですから悪い事とは思いません。子供達は、学校で緊張しているのでしょう。ピアノの教室に来に緊張がほぐれてリラックスできるのは精神的には良いことです。今日レッスン中に居眠りをしてしまった年長さんの生徒に「眠いの」と聞きましたら「眠くない」と申しましたが、「眠い」と言ったら怒られると思ったのかも知れません。このお子様も幼稚園で緊張していて、緊張がほぐれたのでしょうね。成長すればコントロールができるようになると思います。いつもいつも緊張していたら人間壊れてしまいますから、緩和も大切です。小学2年生位からのお子様は、レッスン中に居眠りをしないようにレッスンができるようにするにはどうしたら良いかを生徒と一緒に考えて、レッスン時間を変更したりガムを噛んで目を覚ましてレッスンに来るなど対策をするようにします。それでも運動会の練習や陸上の練習があった時などは、疲れて眠くなってしまう場合もあるようなので、そのような時は日曜日に無料で補講レッスンをしてあげることもございます。眠くなるのは生理現象でもありますからね、成長を待ってあげることも必要かなとも思います。