リトミックについて。結城美帆子

最近は、リトミックが流行っているようですね。音脳リトミックの資格を取りませんかとか、七田チャイルドアカデミーからもリトミックの教室をプラスしませんか、などのダイレクト郵便が送られてきます。ダルクローズのリトミックや、リトミックセンターなど、いくつかの団体が行っているようですね。本部には、一人いくらかの上納金のようなものを収めるようです。リトミックは、元々、イタリアの小児精神科医が、障がい児が音楽に合わせて動くのを見て治療に取り入れたのが最初です。現在も、発達障害の子供や治療的効果があると言われて行われております。老人ホームやデイサービスなどでも取り入れている事業所もあります。私は、リトミックの団体には、どこにも所属しておりませんが、大学生の時に2年間学びました。みんなで音楽に合わせて動いたり、歌うのは楽しいですが、あえて定型に成長している子供にやらせる必要性は感じませんので、当教室では、障がい児のみに、リトミックを取り入れたレッスンを行っております。ピアノを弾くためには、音符を読めるようにすることや、リズム感を養うことも必要ですが、それらは、音楽の基礎(ソルフェージュ)の指導で行っておりますので、ご安心ください。ピアノを弾くには、音符を読んだり、リズムがわかったり、楽典がわからないと弾けないので、当教室では、総合的に教えておりますので、あえてリトミックをやらなくても大丈夫ですので、ご安心ください。ひらがなや数字の読み書きができなくても、音符は読めるようになります。もちろん、ひらがなや数字の読み書きもお教えております。