プライド

みんなプライドがあるんだなーと思うことがありました。

ピティナピアノステップをお勧めした熟年の生徒さんのお話を聞きました。

「ピアノは認知症の予防に良いと言われますが、私は認知症の予防の為にピアノを再開したわけではなく、ピアノを楽しみたいのです」と生徒さんがおっしゃいました。

お話を聞いて、反省しました。

「認知症予防」という言葉そのものが失礼な言葉ではないかと思いました。

「認知症予防」ということは、認知症を発症することを前提としているようにも感じます。

40代でも若年性アルツハイマーを発症する人もいるわけですから、老人=認知症みたいな言い方は失礼きわまりないですね。

認知症は、年齢は関係ないです。

認知症になりたくないとは言わず、ぼけたくないという人が多いように思います。

人の世話になりたくないのですよ。

厄介者になりたくないのですよ。

認知症の予防にピアノを習うのではなく、心豊かに人生の質と価値を高める為にピアノを習いませんか?