ブルグミュラーコンクールファイナルに出場する年少さん〇〇ちゃんのレッスン。結城美帆子

課題曲の練習が飽きてしまったらしく、月曜日にはお母様から「課題曲は弾きたくない」と本人が言うので困っていると言うメールを頂きましたので、今日は、レッスンが始まる前に、〇〇ちゃんと色々なお話をしました。

お話の結果、課題曲を頑張ることになり、お話のあとは課題曲のレッスンをしましたが、とても生き生きと弾けるようになり、元気にお帰りになりました。

一安心です。

小さいお子様が一つの曲を深く勉強するのは大変なことです。

お子様に何かありましたら遠慮無くご相談ください。

小さい子供でも話せばわかりますから、お母様お一人で悩まなくても大丈夫です。

〇〇ちゃんはピアノを弾くのが大好きなお子さんなので、色々な曲を弾きたいのです。

なので、次回のレッスンから新しい教則本を与えて新しい曲のレッスンをすることをお約束しました。

子供の気持ちを考えながら教則本を与えレッスンをすることが大切です。

たくさん練習をするお子さんもおりますし、あまり練習をしないお子さんもおりますし、子供の状態を把握してレッスンを進めることが大切です。

子供の心を読むのって、けっこう大変なのです。

大変だけど、子どもを信じていれば大丈夫です。

自分の子どもを、けしてダメな子どもとは思わないように致しましょう。

親が、「ダメな子ども」って思ってしまったら、子どもはたつ手がないです。

子どもの良いところを見つけて褒めてあげましょう。

たとえ、できないことがあっても、「大丈夫よ、あなたは頑張ればできるよ」と、励ましてあげましょう。

たえず「あなたは良い子よ」と言い続けましょう。

たとえ、親の言うことを聞かないで我が子が悪魔に思えたとしても、何か失敗をしたとしても「本当は、あなたは良い子なのよ」と言ってあげましょう。

子どもは、みんな天使なのですから。

クリスチャンは、我が子をイエス様と思って育てなさいと言われます。