ブドウ糖負荷試験のおすすめ

コロナは、高血圧・糖尿病・脂質異常症など生活習慣病の人や高齢者が重症化しやすと言われております。

高血圧は、毎日自分で測ればわかります。

脂質異常症は、血液検査でわかります。

糖尿病は、血糖値の乱高下はブドウ糖負荷試験をやらないとわかりません。

コロナで私たちができることは、感染しない感染させない生活をする事と、感染してもレスピやエクモのお世話にならないように管理をしておくことではないでしょうか?

もし、高血圧や糖尿病・脂質異常症が見つかった時は、治療を受けてコントロールをしておくことが重要です。

糖尿病は、ブドウ糖負荷試験をやらないとわからないので、初期の糖尿病は自覚症状がありませんから、ぜひブドウ糖負荷試験をおすすめ致します。

糖尿病は、自覚症状がありませんから、自覚がなく悪化する病気なので、怖い病気なのです。

糖尿病は、気がついた時は、人工透析になったり、壊死で切断しなければならなくなりますので、早期に発見して治療することが重要です。

会社の健康診断ではやらない検査だと思いますし、人間ドックではオプションの検査ではないかと思いますので、申し出ないと売れられないと思います。

健康な時に、遺伝的な体質も含めて自分の体質を知っておくと良いですよ。

食後に眠くなる人は、食後血糖値が高くなっている可能性が大いにありますから、早急にブドウ糖負荷試験をおすすめ致します。

やるべきことをやり出来ることをして、みんなでコロナを乗り切りましょう。