フラメンコダンサーわりさやうらさんがお亡くなりになっておりました。結城美帆子

情熱的な魂のダンスを踊られるフラメンコダンサーでした。

知り合いに紹介して頂き、何度か舞台を拝見させて頂きました。

何事も本物を実際に見たり聴いたりすことは、音楽を学ぶ上ですべてが糧になるのです。

平成は、別れが多ございました。

歳をとったということでしょう。

栗本尊子先生もお亡くなりになりましたし、歳をとれば当然のことですが、師と呼べる人がいなくなってしまいました。

悲しいことではありますが、本当の自立とはこういう事なのかとも思います。

親も師もいつまでもいてくれる事はないのです。

親から離れる時、師から離れる時、こんなにも痛みを伴うものとは思いませんでした。

わりさやうらさんからも、たくさんの事を学ばせて頂きました。

ご冥福をお祈り致します。