ピティナピアノコンペティションに参加される生徒の親御さんへ

自分で練習時間を決めさせ、

守ることが出来たら、

守ったことを褒めましょう。

小さいお子様は、

譜読みや楽譜に書いてあることを覚えるのは、

ゲーム感覚で楽しみながら行うことが良いですし、

小さいことでも出来たことを褒めるようにしましょう。

上手く出来ていない時は、

お子さんに、

出来たと思うか出来なかったと思うか考えさせ、

言葉で答えさせるようにしましょう。

自分の耳で聴いて、

違いを判断できることが重要です。

良い耳とは、

絶対音感が有るということではなく、

違いが聴き分けられるお耳です。