ピティナピアノコンペティションについて。結城美帆子

当教室から、本日4名の生徒さんが地区予選を受けに行っております。一組の方から通過したとメールが入りました。これまで、私が通過できると思った人たちはみんな通過しましたので、今年も例年通りだと思います。主体を引き出すって難しいです。精神分析とピアノの指導は多少違いますが、主体を引き出すことにおいては同じなのですが、私は、まだ、向井先生のようにはできません。主体が出てこないと地区予選通過は難しいのです。かと言って、無理やり引き出そうとすれば、引っ込んでしまうので、本当に難しいのです。来月まで1ヶ月弱ありますが、今のままでは、今日通過人たち以外は通過するのは難しいかな。本人たちが、心から通過したいと思ってくれれば何とかなると思うのですが、私はピアノの指導はできますが、残念ながら気持ちを変えることはできないのです。強く欲望してくれることを祈ることしかできないのです。