ピアノ指導について

趣味でもピアノを楽しみたい方も、専門コースに進まれる方も、私は同じ指導をしております。

趣味だからと言って、手の形が適当で良いということはありません。

専門コースに進まれるからと言って、厳しいレッスンをするわけではありません。

趣味も専門も、ピアノがうまく弾けるようになるためにやるべきことは同じなのです。

親指がゼロ度だったら、スケール音階をスムーズに弾くことはできません。

趣味だからと言って、強弱をつけないで弾いたらつまらないと思います。

趣味でも専門でも、作曲家の想いに心を馳せ作曲家の想いをピアノを通して表現できる人になって欲しいと思います。

それが、ピアノを学ぶということです。

ただ音を鳴らせば良いというものではありません。

ピアノは、芸術です。

機能訓練の為だけに、人間の心のこもったピアノという芸術を使って欲しくない。

ピアノは、人間の心です。