ピアノ先生の介護日記。結城美帆子

昨日の夕方から嘔吐があるとの事、今日も体調が悪そうです。急性期病院に入院していた時は、嘔吐もCRPがこんなに上がる事もなかったのですが、何なのでしょう。リハビリも必要だけど、治療も必要だと思うのです。母の辛い様子を見ているのは辛いです。介護は辛いとは思わないけど、辛い思いをしている母を見ているのはしんどいです。自分の事で我慢するのは何とも思わないけど、母だけではなく人が我慢しているのを見ているのはしんどいです。何もできない、何もしてあげられない不甲斐なさ、これがしんどいです。ピアノを教える時も、生徒の代わりにコンクールで演奏する事なんてできませんから、生徒の緊張を見ているのは辛いです。指導者は、娘は、共感する事しかできないのです。本当は、共感もできていないと思います。「あなたの気持ちわかります」なんて言えないですよね。私は、苦しんでいる時「あなたの苦しい気持ちわかります」何て言われたら頭にきます。生徒が頑張っている時、母が頑張っている時、生徒が苦しみに耐えている時、母が苦しみに耐えている時、私は黙って見ていることしかできないのです。神に祈ることしかできないのです。