ピアノを習わせてもらって良かったと思える時。

ピアノを習わせてもらって良かったと心から思える時は、大人になった時ではないかと思います。

ピアノは、ある程度の期間毎日継続した練習が必要な習い事ですから、練習が嫌で途中で止めてしまう方もおります。

大人になった時、ピアノがそれ相応に弾ける人は、中学高校と続けた人たちです。

大人になった時、ピアノを最後まで続けた人と、途中で止めてしまった人と、大きな差が出ます。

当教室では、大人の生徒さんたちの「2台8手ピアノ二重奏を楽しむ会」というピアノのサークルが有りますが、皆さん幼い頃から高校までピアノのレッスンを続けてこられた方々で、つくば市民音楽会にも参加しており、一年に一度はノバホールでのスタインウェイとベーゼンドルファーのピアノを堪能させております。

このような楽しみを得られるのは、子供の頃から長くピアノを続けてこられたからです。

人生をより幸せに生きる為には、クオリティの高い趣味、趣味のお仲間も必要ではないかと思います。

分かち合いができる仲間がいる幸せも有ると思います。

ピアノは音楽を学ぶ基礎を学べますので、ピアノがそれ相応に弾ける人は歌や合唱を楽しむこともできます。

ピアノがそれ相応に弾ける人は、音楽のお仲間が出来たりして、より豊かな人生を生きることができると思います。

老後、ご夫婦で連弾やピアノ二重奏などを楽しむのも素晴らしいと思います。

音楽は、心と体に作用して、心と体を癒し元気にしてくれますから、医療費や介護費用の削減にも貢献できると思います。

大人になってからピアノをお始めになられた方の「ピアノ二重奏を楽しむ会」も作る予定です。

お仲間って大事ですよ。

人間、孤独になるのが一番良くないと思います。

仲間がいれば、どんな状況になっても助け合い生き延びることができると思います。

春になったら、「歌を楽しむ会」も再開する予定です。