ピアノを習っているだけでは認知症は予防できません。結城美帆子

認知所の予防にピアノを習っている方もいると思います。

ピアノの演奏は認知症の予防に効果があると言われておりますが、毎日弾かなければ効果は得られません。

ピアノの先生でもアルツハイマー型認知症を発症した人もおりますので、ピアノが弾けるから認知症にならないということはありません。

生活習慣病を予防して、毎日30分以上弾かなければピアノで認知症を予防することはできません。

ピアノを教えることを生業としている人は、つねに新しい曲を練習しなければ認知症を予防することはできないと言われました。

アルツハイマー型認知症は、40歳くらいから20年くらいかけて発症すると言われております。

ピアノで認知症を予防したい人は、生活習慣病に気を付けながら40歳くらいになったら毎日30分くらいピアノの練習をされることをおすすめいたします。