ピアノを楽しみましょう。結城美帆子

演奏を仕事にする人は、仕事は楽しいことだけではなので、ピアノを仕事にする人は楽しいことだけではないですが、趣味の方は楽しむだけでいいと思います。

プレッシャーを感じることではないです。

たとえコンペティションに参加するにしても、プレッシャーを感じてまで頑張ることではないように思います。

ピアノは、楽しく続けられることです。

けして他者と比べる必要はありません。

ピアノを弾くのが楽しいから弾くのです。

子供がピアノを習いたいと思うのは、ピアノを弾いている人が楽しそうに思えるから、自分も楽しみたいからです。

強い心や忍耐力は、ピアノのレッスン以外でも学べます。

私のもっとも敬愛する恩師でありました東敦子先生も「無理はいけません」とおっしゃいました。

他者と比べることなく、無理せず長〜くピアノを続けて頂けることを願います。