ピアノを教える意義にやっと辿り着いた心境です。結城美帆子

ピアノが上手に弾けるようになるには、毎日の継続した練習という努力が必要です。

努力ができる人に育つか、直ぐに努力を放棄してしまう人に育つかは、2歳までにどれだけの愛情を受けて育ったかのようです。

40年ピアノを教えてきて、最後さでやり遂げられる人と途中でやめてしまう人の違いがよくわからなかったのですが、結局、毎日の継続した練習という努力ができるかどうかです。

愛情をたっぷり与えられた育つ子供は、努力ができる人に育つのです。

愛情をたっぷり与えられて育つ子供は、生きるための努力もできるようになるので、自死を選ぶこともないはずです。

ピアノのレッスンで生きる力を育てるというのは、こういうことなのではないでしょうか。

漠然と言っていたことが、クリアになりました。

これで、やっと「心・生きる力を育てるピアノレッスン」と言えます。