ピアノを教える事の難しさ。結城美帆子

ショパンのノクターン嬰ハ短調のレッスンを致しました。

大人になって私の教室にお越しになられている生徒さんです。

最初から教えた生徒さんではないので、生徒さんが理解できていないところの把握に手間がかかる時があります。

今日は、連符を生徒さんが理解できるように教えることに時間がかかってしまい、レッスン時間内に理解して頂けるまで教えることができませんでした。

反省です。

ソルフェージュが、いかに大切かを実感したレッスンでした。

拍子を打ちながらリズムを叩く練習が必要です。

拍子が打てないと、リズムを打つことはできないのです。

音楽は、まずは、リズムです。

拍子を打ちながらリズムを叩かなければ、リズムにならないのです。

音楽は、リズムは、割り算なのです。

4分の4拍子は、一小節に四分音符が4つ入っていることを言います。

4分の3拍子は、一小節に四分音符が3つ入っていることを言います。

何音符が一小節にいくつ入っているかと言うことです。

拍子がなければリズムがないのです。

リズムは、数学的に考えなければできません。

リズムは、数学的に割り切れるのです。

音楽も数学なのです。

感覚では無いのです。