ピアノを教えるって大変なのです。結城美帆子

A子ちゃんには、この教え方で上手く弾けるようになったけど、B子ちゃんは上手くいかなかったので別の教え方をしたら上手く弾けるようになったとかあるので、一人一人をよく観察して、生徒が何がわからないのか、何が理解できていないのかを一生懸命に考えて、わかるように理解できるように、そして上手く弾けるように一生懸命にレッスンをしております。生徒さんは、おそらく、わからないことが、わからないのではないかと思うのです。大人の生徒さんが「家では弾けたんですけど、なんでレッスンで弾くと弾けなくなってしまうのかな?」と、おっしゃるのですが、家で一人で練習をしている時に、間違って弾いていることに気がつけないのではないかと思うのです。なぜなら、教室でのレッスンでも、私が間違って弾いたところを指摘しなければ、本人は間違わないで弾けたと思っている場合が多いからです。間違いに気付けるということが、上達への最初の一歩ではないかと思います。ピアノは、基本的に楽譜を見ながら弾きますので、手は見ないのですが、自己流で弾いていたり、他の教室で弾き方を基本をしっかり教えて頂かなかった方は、手を見ないで弾くことができないのです。おそらく、手を見ないと不安なのでしょう。でも、三つ子の魂なんとやらで、最初に手を見ないで楽譜を見ながら弾けるように教えた生徒さんは、手を見ないで弾けるのです。最初が大切なのです。お家で練習をする時も、手を見て弾くとダメなので、手を見ないで楽譜を見ながら弾けるようになるまでは、私は家で練習をさせないようにしております。基本の弾き方が身に付いてしまえば家で練習をしても大丈夫です。車の運転は、認知・判断・操作ですが、ピアノは、認知(なんの音を何番の指で弾くのかを認知します)と操作(実際に手指を動かして)弾きます。ピアノが上手く弾けない場合は、認知か操作のどちらかに原因があります。原因を探し出して弾けるようにするのは、指導者の仕事です。上手く弾けない場合は、必ず原因がありますから、原因がわかれば上手く弾けるようになりますから大丈夫です。必ず原因を突き止めて弾けるようにしますので、安心してお任せください。ピアノのレッスンを受けていて上手く弾けるようにならないのは、指導者の教え方が悪いのです。ただし、お教えしたように試して頂けない場合は、やりようがないですけどね。