ピアノを弾く時の足の位置について

膝と足をお行儀良くつけてお座りになってピアノを弾く生徒さんがおりますが、
足は肩幅くらいに開くと良いです。

ピアノは、足で支えて弾きますので、足の位置は重要なのです。

足が床に届かないお子様は、足台を使いましょう。

ピアノを習い始める時は、ピアノの他に、メトロノームと、足が床に届かないお子様は足台も用意しましょう。