ピアノを弾くと良いと言われるわけは?

ピアノを弾くと良いと言われるわけは?

東北大学加齢医学研究所教授で脳科学者の瀧靖之先生によると、ピアノを弾くということは、科学的に見ても脳の発達に良いとのことです。

単に脳の領域が活性化されるということに留まらず、ピアノを弾くことを通じて、様々な方とのコミュニケーションツールを得、どの分野にも通じる上達のストラテジーを学び、幸福感を感じ、熱中できる趣味を持つことが、ひいては人生の幅を広げ、生涯にわたって健康な脳を維持することにつらがるからです。

主観的幸福感が高いほど、脳の健康にリスクを与えるストレスレベルを下げる効果があるそうです。

従って、「ピアノの上手下手」よりも「好きで楽しんでいる」ことの方が、健康的な脳の維持に大切とのことです。

ピアノを弾くということは、脳の健康を維持し人生を豊かに生きるということではないではないでしょうか?

お子様は脳を発達させ幸せな人生を生きる為に、大人は脳の健康を維持し豊かな人生を生きる為に、楽しく上達できるピアノを始めませんか?

ただいま幼児から熟年の方まで初心者募集中です。

自閉スペクトラム症やADHD・学習障害など発達障害のお子様も募集しております。

ピアノ二重奏を楽しみたい方も募集中(ソナチネ程度が弾ける大人の方)。

お気軽に体験レッスンにお越しくださいませ。

ピアノをお持ちでない方や、お家で練習ができない方も大丈夫です。

ピアノを楽しみたい方、ピアノが弾けるようになりたい方は、どなたでもレッスンします。