ピアノを学ぶ喜びとは。結城美帆子

ピアノを学ぶ喜びとはなんでしょうか?

まずは、ピアノが弾けるようになることに対しての喜びがあると思います。

ピアノは誰でも弾けるというものではなく、多少の努力が必要なので、努力の成果が得られることに対しての喜びがあると思います。

誰かに演奏を聴いてもらうことにより、自分の存在や価値を認めてもらえる喜びがあると思います。

ピアノが弾けることにより、4人で2台8手ピアノ二重奏を楽しむことも出来ますので、趣味の合うお仲間と分かち合いを楽しむことも出来ます。

ピアノが弾けるということは、楽譜が読めるということですから、合唱のサークルでお仲間と分かち合いを楽しむことも出来ます。

人間、歳をとった時、分かち合えるお仲間がいるのって大切ではないかと思います。

人間が人間の尊厳を持って生きこの世を立ち去る為には、社会とつながっていること分かち合える仲間を持っていることが安心して生き逝くことができることではないかと思います。

愚痴を言い合えるお仲間も必要ではないかと思います。