ピアノをノーミスで弾くと言う事とは。結城美帆子

ピアノは、楽譜に書いてある通りに弾けても、ノーミスで弾けたとは言えません。表現をしなければなりません。ピアノを弾くと言う事は、楽譜から作曲家の言いたい事を全て読み取らなければならないのです。楽譜に書いてある通りに弾けただけではノーミスで弾けたとは言えないのです。楽譜に書いてある通りに弾くのは最低限必要な事ですが、ピアノを上手に弾くと言うのはそれだけで終わらないのです。表現力が必要なのです。あまりノーミスだけにこだわるとピアノを弾く事が楽しくなくなります。ピアノを弾く楽しさの一つは、ピアノを弾く事により、無意識かもしれませんが自分を表現できる事ではないでしょうか?人間は、誰でも自己顕示欲があると言われておりますから、ピアノを人前で演奏すると言う事は、たとえお母様お一人の前であっても、自己顕示欲が満足できる方法の一つにもなっているように思います。お母様、お父様にお願い致します。どうぞ、ノーミスだけにこだわらず、お子様を暖かく見守って上げてください。よろしく、お願い申し上げます。