ピアノは何歳から習い始めるのが良いか?

40年以上ピアノを教えてきた経験値から申し上げれば、3歳のお誕生日に始めるのが一番良いです。

脳は2歳半で最初の臨界期を迎えますから、2歳半から可能ですが、環境により多少発達が異なりますので、私は3歳のお誕生日にお始めになられることをお勧め致します。

年少さんになる前にご入会を頂ければ、年少さんからブルグミュラーコンクールやバッハコンクール、ピティナピアノコンペティションに参加が可能です。

良い指導をしているかどうかは、生徒がどのように育っているかではないかと思います。

ちゃんと教えているのであれば、文部科学省が後援しているピティナピアノコンペティションに順次参加ができ、それなりの結果を出してあげることができるのではないかと思います。

ピアノを習う意味って何なのでしょうか?

私は、ピアノで自信をつけてあげたいと思います。

「ピアノは誰にも負けない、私は(僕は)ピアノが得意」と言ってもらいたいと思ってます。

精神科医で受験指導もされている和田秀樹先生の著書によると、小学校入学までに何か一つ得意なものがあって入学すると、お勉強も頑張れる子に育つということです。

お友達がピアノを上手に弾いているのを聴いて、小学校1年生や2年生でピアノを習いたいと、お越しになられる方もおりますが、3歳からレッスンを受けている人は相当弾けるようになっておりますので、小学校1年生や2年生でレッスンを始めた方は、3歳からレッスンを始めた方に追いつくことは難しいので、ピアノで自信をつけるどころか劣等感を持ち挫折感を味わいピアノを途中でやめてしまう子供が多いです。

私の教室では、小学校1年生や2年生でレッスンを始めても3歳からレッスンを始めた子供に追いついて、ピアノで自信を持てるように、バイエル修了までは週2回のレッスンも可能としております。