ピアノの調律

ピアノの調律

昨日は、ピアノの調律をしました。

いつもは、調律師さんにお任せだったのですが、今回は、コンクールを考えて、音が作りやすいように調整と調律をして頂きました。

打鍵も響きも良くなり、音が作りやすくなりました。

ピアノは、調整が難しいのです。

ピアノは、誰でも叩けば音が出ますが、それこそネコでも音は出せますが、ピアノは、指先に体重をかけて、作曲家が望んでいる音を一音一音作り上げて弾きますので、簡単ではないのです。

小さい音、ダイナミックな音、悲しい音、嬉しい音、などなど音で人間の感情を表現することもできるのがピアノと言う楽器です。

ピアノを良い状態に保つことは、結構大変で、調律師さんにも年2回から3回来て頂いておりますので、当教室は2台でレッスンを行っていますから、2台分の費用がかかりますし、結構維持費もかかります。