ピアノの練習の方法。結城美帆子

他のピアノ教室で長年レッスンを受けていた方で、ピアノの練習の方法がわからない、と言う方が時々いらっしゃいます。まずは、楽譜を見てくださいと申し上げます。楽譜を隅々まで見ましょう。ト音記号、ヘ音記号、何拍子なのか、何の音なのか、何音符なのか、何調なのか、などなど、楽譜から読み取れるものは残さず読み取りましょう。次に拍子を打ちながら、できればメトロノームを使って、ゆっくり片手の練習をします。次に、両手の練習をします。次にテンポを上げていきます。上手に弾けるようになるかどうかは練習次第です。プラス、渡部由紀子先生は、お指の指定席を大切しておられます。私も、ピティナピアノコンペティションを受ける生徒さんには、お家でもグランドピアノで練習をしている生徒には、お指の指定席をうるさくレッスンしております。お家で電子ピアノやアップライトピアノで練習をしている生徒さんには、電子ピアノやアップライトピアノでは構造上音を作ることができませんのでお指の指定席は申し上げておりません。