ピアノの練習について。結城美帆子

ピアノから練習という言葉をなくしたいと思っております。

練習という言葉は、強迫的なニュアンスがあるように思います。

私が、練習という概念をピアノに持ったのは、音楽高校に入学してからです。

中学までは、ピアノを弾きたかったから弾いていただけで、練習という概念はありませんでした。

音楽高校に入学すると、実技試験がありましたので、試験に合わせて曲を仕上げていかなければならないので、悠長なことは言っていられなくなりましたし、音楽理論の授業や聴音ソルフェージュの授業や試験があるので、音楽理論などはクラス全員が100点をとれるまで毎日放課後試験があるので大変でした。

ピアノを弾きたいだけだったら趣味で続けたほうがずっと楽しいままいられます。

私は、ピアノを好きなままでいてほしいなーって思います。

趣味と専門は違います。

音楽高校や音楽大学は、私にとって楽しいところではありませんでした。

専門的に学ぶということは、生活の糧にするということにもなりますから、楽しいだけではなくなります。

生徒の皆様には、ピアノを生涯に渡り楽しんでいただきたいと願っております。

お家では、練習ではなく、ピアノを弾きたいから弾く、上手く弾けるようになりたいから弾く、というように楽しんでいただきたいと思います。

ピアノは、指導者が練習を強要するものではないのです。

ピアノは、習いたいと思った時に習い始めればよいと思います。

本人がピアノを弾きたいと思えば、練習なんて言葉は出てこないと思います。

私は、親からも先生からも「練習」ということを一度も言われたことがないのです。