ピアノの指導者(ピアノの先生)の仕事って。結城美帆子

ピアノの指導者(ピアノの先生)の仕事とは、ピアノを習いたいと習いに来た人に、ピアノを弾けるようにすることです。やる気を出させたり、ピアノの好きにさせたり、練習をするようにすることも必要なのかも知れませんが、ピアノが弾けるようになれば、練習をするようになり、練習をすれば少しづつ上手に弾けるようになりますから、上手に弾けるようになれば、ピアノが好きになり、やる気も出ると思いますので、ピアノを弾けるように指導をすれば、練習をするようになるでしょうし、練習をすれば上手に弾けるようになりますし、上手に弾けるようになればピアノが好きになるでしょうし、やる気も出ることでしょう。と、思います。なので、私の教室では、知っている曲を弾くことから始めております。数曲弾けるようになってきたところで、練習曲の必要性をお話し申し上げ、ご納得頂いた方に練習曲をレッスンするようにしております。子供でも大人でも本人が望んでいないことを教えようとしても、身にならないと思うのです。