ピアノの指導者として、生徒さんや保護者から言われることで一番しんどいと思うこと。

昨日、レッスンを始めて一年にならない大人の生徒さんが、「上手く弾けるようになるんでしょうか?」と、おっしゃいました。

上手く弾けるように指導するのが私の仕事なので、生徒さんが上手く弾けるようにならない場合は、私の指導力が無いということです。

生徒さんの「上手く弾けるようになるんでしょうか?」を言い方を変えると「先生、あなたは私がピアノを上手く弾けるように教えることができますか?」となります。

生徒さんは、自分を謙遜しておっしゃっているのではないかと思いますが、相手のことを思って言っているつもりでも、相手を傷つけている場合もあるのです。

生徒さんが上手く弾けるようにならないのは、特に初歩から教えている生徒さんの場合は、指導者の教え方が悪いからです。

お家で練習するかどうかは、私はレッスンで弾けるようにしてお帰り頂いておりますので、できない曲をできるように練習してきなさいという指導は行っておりませんので、家庭環境です。

子供に家でピアノの練習をして欲しいと願う場合は、子供が練習がしやすい家庭環境を整えてあげると良いと思います。

ゲームや遊ぶものをたくさん与えると、子供は遊びたい出すから当然ピアノの練習をしなくなります。

ルールを決め守らせることも必要ではないかと思います。

かと申しても、家で全く練習をしてこなくても弾けるようになる指導法を行っておりますので、お家で全く練習をしてこなくても構いません。

本人と親御さん主体のレッスンです。