ピアノの先生の介護日記⑥結城美帆子

介護職の方へのお願い。支援をする仕事をしている方へのお願い。介護を受ける人も支援を受ける人も一生懸命に生きている同じ人間なのです。上から目線はやめましょう。私は、障がいがある方にもピアノを教えておりますが、障がいがある方から学ぶこともたくさんあります。イエスキリストを十字架にかけたのは人間です。もし、介護を受ける人がイエスキリストだったら、もし障がいがある自分の子供がイエスキリストだったら、福祉施設に放り込む事ができますか?見下したような言い方ができますか?目上の人に対しては、たとえ認知機能が衰えた人であっても、敬いの気持ちを持って接していただきたいと思います。世の中の弱者と言われている人達を相手に仕事をしている人達は、自分が偉くなったように錯覚しているのではないかと思えるような人達もいるように思います。神奈川の山ゆり園での事件は、特別な事件でもないように思います。あのような考えで仕事をしている人達って、他にもいるのではないでしょうか?なぜ、介護の仕事をしているのか、よくよく考えていただきたいと思います。