ピアノのレッスンを始めるベストな年齢とは。

3歳から始めても、4歳から始めても、5歳から始めても、小学一年生から始めても、大人になってから始めても、私の教室はみんなバイエルピアノ教則本を使ってレッスンをしておりますが、進み歩合は何歳から始めても進み具合はみんなほぼ同じで、一番スムーズに進むのは3歳から始めた生徒さんです。

習い事を始めるのに良いのは、3歳3ヶ月と言われたりもします。

バレエも卓球も体操も、世界で活躍している人たちのほとんどが3歳くらいでレッスンを始めているようです。

今日は、3歳3ヶ月でレッスンを始めた〇〇ちゃんのレッスンがありました。

〇〇ちゃんは、現在年少さんです。

レッスンを始めてまだ一年になりませんが、絶対音感が身につきました。

黒鍵もわかるようになり、和音もわかるようになりました。

宿題に出さないところでも、自分で練習してくるようになりました。

お母様も知らない間に自分で楽譜を広げて練習をしているようです。

「ピアノ弾くの好き?」って聞きましたら、「好き」と答えてくれました。

3歳で始めると余裕があるのです。

コロナがなければピティナピティナコンペティションA2級を受ける予定で課題曲の練習もしており、年少・年中・年長と3回チャレンジできるから余裕で受けられるね、なんてお母様とお話をしておりました。

3歳から始めると、順次余裕を持ってピティナピアノコンペティションに参加できます。

ピアノで自信を持たせて、自己肯定感を育てる為には、なるべく早く始めることをお勧め致します。

ピアノを弾くことで、脳の神経回路もできていくようですから、弾き方の基礎を教えてあげれば考える力も育まれ自分で考えて弾くことができるようになるようです。

ワーキングメモリーを伸ばすには、暗譜をさせることも重要です。

ピアノは、脳を活性化させるのにとても優れた習い事ではないかと思います。