ピアノのレッスンへの想い。結城美帆子

私はピアノのレッスンで、他者の心に想いを馳せることができ、思いやりのある心根の優しい人間を育てたいと思います。

コンクールに参加して一番になるために必死で努力することも悪いことではないと思いますが、ピアノは音楽は他者と争うものではないと思います。

好きが高じでたくさん練習をした結果、一位になれる人は本物だと思います。

努力は必要ですが、本当に素質がある人は、努力を努力と思わないと思います。

ただひたすら無心に練習をしているだけではないかと思うのです。

「一番になりたい」とか、「あの人には負けたくない」とか、思う人は、作曲家の心に想いを馳せた演奏は出来ないと思います。

私は個人的に努力努力で生きてきた人は、「すごいなー」とは思うのですが、今まで出会った方々で、努力努力で頑張ってきた方には優しさを感じられない方が多かったので、共感を持てる人がいないのです。

人間生きていく上で努力も大事だと思いますが、努力だけでは乗り越えられないこともあると思います。

人間が生きていく上で一番重要なのは、「心」ではないかと思うのです。

「心」は、目に見えるものではないので、難しいですけどね。

当教室では、レッスン意欲の向上とレベルアップを目的として、子供は原則全員ピティナピアノコンペティションに参加させておりますが、けして他者と争わせるためでは無く、より深く音楽を学び、より楽しんで頂きたいと思うからです。

ピアノは、弾けないと楽しくないのです。

ピアノは、弾けるようになると楽しくなります。

ピアノは、レベルアップすればするほど楽しさが増します。

ピアノをたくさん楽しんで欲しいと願うので、ピティナピアノコンペティションやピティナピアノステップに参加されることをおすすめしているのです。

ピアノのレッスンの醍醐味は、レベルアップ出来ることではないかと思います。