ピアノのレッスンについての認識も様々なようです。結城美帆子

先日、お試しコースが終わってご入会いただいた生徒さんが、レッスンにお越しになった時、教則本をお持ちにならなかったので、「教則本は、どうなさいました。」と聞きましたら、「あれは、持ってくるものなんですか?あれは、家で自分で弾くときに使うものだと思って家に置いてきました。」と言われました。お試しコースは、どの教則本が合うかわからないので、私の教則本を使ってレッスンをするのですが、ご入会後は、ご自身の教則本を使ってレッスンをしますので、教則本を買ってきていただき、レッスンのときにはお持ちいただいてレッスンをします。また、教室にあるのと同じピアノがあるとおっしゃった生徒さんがいたので、この生徒さんは、グランドピアノをお持ちなのだろうと思っておりましたら、電子ピアノのようでした。この方は、グランドピアノも電子ピアノも同じピアノと言う認識のようでした。色々な認識の人がおりますから、ピアノを教えるのって、言葉も選ばなければなりませんので、とても難しいです。でも、ピアノのレッスンに来るのに、手ぶらでくるのは少々驚きでした。大人の生徒さんですが。だから、常識ってわからないです。自分が常識と思っていたらえらいことになるので、ある時期から私は常識と言う言葉を使わないようにしていたのですが、もっと細かく教えていかなければならないと痛感した出来事でした。勉強になりました。